大阪で同意書なしのアフターピルが欲しいときはアイピル

大阪で、まだ中学生や高校生のような未成年が妊娠すると、とても子供を育てるわけにはいかないので、堕胎したり、たとえ出産したとしても、手放さなければならなくなることがほとんどです。
そんな目に遭いたくないなら、ピルを使用する必要がありますが、18歳未満が大阪のクリニックで処方してもらう際は、保護者の同意書が必要となります。
世の中には、気軽に同意書に記入してくれるような保護者ばかりとは限らないので、どうしようかと悩んでいる方もあるかも知れませんね。
そんな方は同意書も処方箋も不要で、アイピルなどのピルを購入することが可能な、個人輸入代行通販を利用することをおすすめします。
アイピルというのはアフターピルのことですが、大阪で手に入れたいときは、ドラッグストアや薬局のようなところには売っていないため、個人輸入代行通販を利用するしかありません。
海外の薬を簡単に買えるのが個人輸入代行通販の魅力なので、アイピルが欲しいときは注文するようにしてください。
海外の薬に不安を感じる方もあるでしょうが、アイピルはあすか製薬株式会社から出ているノルレボという薬のジェネリックで、国内でも人気の高い薬なので、初めての方でも安心して服用することが出来ます。
アイピルの中身は、ノルレボとまったく同じのレボノルゲストレルが主成分ですから、ノルレボを飲んだときと同じように、性行為後の24時間以内であれば、95%という高い確率の避妊効果があります。
1錠あたりの価格も、ノルレボよりも安いうえ、クリニックで処方してもらうときのように診察費や検査費などが必要ないので、お金を節約したい方がピルを購入したいときは、個人輸入代行通販から取り寄せるようにしてください。