個人輸入代行でアイピル購入、初診料と血液検査代が浮く

避妊に失敗すると、妊娠する可能性があるので、次の生理が来るまでは落ち着いた気持ちではいられなくなってしまいます。
堕胎をするのは嫌だけど、出産しても育てる自信はないといった状態に追いつめられると困るので、うまく避妊が出来なかった場合は、アフターピルを利用するようにしましょう。
アフターピルを24時間以内に服用すれば、確実と言っていいほど、高い確率で避妊が出来るので安心です。
クリニックへ行けば処方してもらえるので、いざというときのために持っておきたいところですが、初診料が必要ですし、血液検査を受けたら、その費用も支払わなくてはならないので、薬以外の余計なお金もかかってしまいます。
初診料、血液検査代、薬代、さらに交通費も合わせれば、1万円は軽く超えてしまうこともあるので、なかなかクリニックに行く気にはなれない方もあるでしょうね。
それにアフターピルは保険適用外ですから、毎回こんな高いお金を払うのは耐えられないと思ったら、個人輸入代行通販を利用し、アイピルを購入することをおすすめします。
個人輸入代行通販なら、普通の通販と同じ感覚で買えるので便利です。
クリニックのように、初診料や血液検査代を払う必要はありませんし、処方箋もいらないので、これほどお財布に優しい購入方法はないでしょう。
それにアイピルは、日本のあすか製薬株式会社で製造、販売されているノルレボと同じ主成分のジェネリック医薬品なので、緊急避妊をしたいときには、高い効果を期待できます。
個人輸入代行通販を利用すれば、クリニックよりも安くアフターピルが手に入るので、まずはサイトを訪問し、アイピルがどれぐらいの値段で売られているか、チェックするようにしてください。