アイピル服用による避妊率と効果の程について

アイピルとはピルの一種であり、普通とピルと違って避妊に失敗してしまったセックスをした後に事後的に服用するものです。つまりアイピルはモーニングアフターピルや緊急避妊薬と同じ仲間なのです。アイピルには妊娠確率を下げるという効果がありますので、当然多くの女性は避妊効果を期待して服用するわけですが、アイピルをセックスの後に服用することで得られる避妊率は一体どれ位なのでしょうか。
まずアイピルの特徴として、セックス後早く服用すればする程高い避妊率と効果を得られるというものがあります。通常はセックス後遅くとも72時間以内に服用しなければ効果は期待出来ないと言われています。更に24時間以内に服用した場合の避妊率は95パーセントにものぼり、72時間以内に服用した場合は75パーセント程に避妊率は下がります。このようにアイピルを服用することによって避妊対策をとる場合、セックス終了後なるべくすぐに服用した方が良いのです。いくら72時間以内に服用すれば良いと説明書に書いてあったとしても、その言葉を真に受けて悠長に構えていて、本当に72時間後に服用するということをしてはいけません。何故なら72時間以内に飲んだとしても、得られる避妊効果は僅か75パーセントしかないからです。これではコンドーム装着による避妊率94パーセントにも遥かに及ばないことになってしまうのです。なので一番良いのはアイピルを常に常備して、いざという時にいつでも服用出来る状態にしておくことなのです。そうすることでかなり高い100パーセントに近い避妊効果を期待することが出来るのです。心配事はとにかく早く解決した方が良いものなので、アイピルはなるべく早めに服用するようにしましょう。