アイピルの副作用で蕁麻疹が起こることもあります

妊娠したくない女性は、性行為のたびに避妊をしなくてはならないので、低用量ピルを服用したり、パートナーにコンドームを付けてもらったりしています。
しかしピルの飲み忘れや、コンドームの破損など、避妊に失敗するのはよくあることなので、そんなときはアフターピルを飲めば、緊急避妊をすることが出来ます。
24時間以内に飲めば、95%もの確率で妊娠を防げますから、避妊に失敗したときのために備えておきたいという方は、個人輸入代行通販に注文して、取り寄せるようにしましょう。

アイピルには副作用がありますが、人によっては肘や膝などに蕁麻疹が出来て、痒くなることもあるようです。
しかし数日経てば、蕁麻疹が消えて、かゆみもなくなることがほとんどなので、しばらくは様子を見るようにしてください。
蕁麻疹がなかなか治らない場合は、お近くのクリニックへ行き、お医者さんにアイピルを服用したことを伝えれば、適切な対処をしてくれるはずです。
アイピルの副作用で多いのは、頭痛や吐き気、下腹部の痛み、胸部の違和感、不正子宮出血、倦怠感などになります。
空腹時に服用すると、吐き気が起こりやすいので、それを避けたいなら、食後に服用するようにしましょう。
また血栓性、心臓病、肝障害をお持ちの方や、てんかんの方は服用できませんし、35歳以上の方や、血栓ができやすい体質の方、高血圧や糖尿病の方、妊婦や授乳中の方などは服用できないので気を付けましょう。
また喫煙すると、血栓症を起こす可能性があるので、アイピルを服用するときは禁煙するようにしてください。
どの副作用が起きた場合も、通常1~3日程度でなくなりますが、長期間にわたって続く場合は、クリニックを受診した方が良いでしょう。